東日本油化工業株式会社 事業内容

事業内容

ピュアポリウレア

      

     ポリアミンとイソシアネートとを衝突混合させると「ウレア反応」が生じ、形成されたものを「ポリウレア樹脂」と言います。

     ピュアポリプウレアは、耐塩害・耐磨耗性・耐衝撃性・耐紫外線・防水性・耐化学性に優れていて、活着性が非常に強く耐久期間が長いためコスト性にも恵まれています。特筆すべきは、米国国防省に採用され、戦闘車両の損傷防止・乗員の保護、原子力潜水艦の甲板などに多用されています。吹付後約10秒で硬化し、30秒後には触ることも可能になるなど工期短縮ができるので業務への影響を最小限にとどめることができます。劣化を修復して延命につなげ費用の削減に貢献します。使用用途も多岐にわたりますので、お客様の「困っている」ことの解決策の一助になればと思います。

     ぜひご相談ください。(メールにて写真添付していただくと、流れがスムーズです。)

    施工事例

  • 宮城県内介護老人保健施設 屋上防油堤
  •        施工前               施工中              施工後

    実験中

  • 1.6mmの銅板に約1.5mmのピュアポリウレアを塗布
  • ①10月18日 海水に浸漬  

    11月27日 銅板のサビが増えている。ポリウレアに変化はないが、プライマーをしなかったために銅板から剥離。
       

    ②10月22日 蔵王温泉水に浸漬

    11月27日 横に倒した時の浸漬部分全体にサビがでるもポリウレアに変化なし

    ③10月22日 塩化カルシウム(融雪剤)に浸漬

    11月27日 横に倒した時の浸漬部分全体にサビがでるもポリウレアに変化なし、塩化カルシウム水はサビ色

    実験

  • 硝酸30%に浸漬
  •   すぐに銅板は溶け出し、ポリウレア部分は熱でただれるもある程度の厚みと形状は保持

  • 株式会社 環境技研(日本総代理店)
  • 米国 SPECIALTY PRODUCTS.INC